会則


第1条(名称) 本会は「日本女子大学児童学科縦の会」と称し、その窓口を日本女子大学児童学科内におく。
第2条(目的) 本会は、会員相互の親睦を図り、児童を取り巻く諸問題についての情報を交換し、児童に関する研究、研修を行うことを目的とする。
第3条(活動内容) 本会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。
1.会員名簿の作成・管理
2.会報の発行
3.講演会・研究会・座談会の開催
4.見学・研修旅行の実施
5.在校生に対する奨励賞授与
6.その他必要な活動
第4条(会員) 本会の会員は、次の三種とする。
1.正会員 日本女子大学家政学部児童学科の卒業生・同大学院児童学専攻修了生・通信教育課程児童学科卒業生
2.特別会員 ア.日本女子大学家政学部児童学科の現教職員
イ.旧教職員で本会の目的に賛同する方
3.学生会員 日本女子大学家政学部児童学科・同大学院児童学専攻生・通信課程在校生
第5条(役員等) 本会に次の役員及び回生委員をおく。
1.役員 会長 1名
副会長 2名
実行委員 16~20名
監事 2名
2.回生委員 必要人数
第6条(役員等の職務) 役員及び回生委員の職務は次のとおりとする。
1.会長は本会を代表し、本会を総監する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故のある時はその職務を代行する。
3.実行委員は会長・副会長と共に実行委員会を構成し、本会の会務を行う。緊急事項について、総会を開くいとまのない時は、総会に代わって議決することができる。
4.監事は本会の会計及び会務の執行状況を監査し、その結果を総会に報告する。
5.回生委員は、ワーキング・グループに所属し、実行委員のもとで協力する。
第7条(役員等の選出) 本会の役員及び回生委員の選出は、次のとおりとする。また承認は総会において行う。
1.回生委員は、第4条1の正会員からグループごとに選出する。ただし、大学院、通信課程は回生にとらわれず選出することができる。
2.実行委員は、回生委員の中から選出する。
3.会長・副会長は、実行委員により推薦され、総会にて決定される。
4.監事は、回生委員の中から実行委員会が推薦し、委嘱する(但し、実行委員は兼ねない)。
第8条(役員等の任期) 役員・回生委員の任期は2年とし、再任を妨げない。
第9条(機構) 本会に、次の機構をおく。
1.総会
2.実行委員会
3.実行委員・回生委員会
4.ワーキング・グループ
第10条(総会) 総会は本会の最高議決機関であって、全会員をもって構成する。
1.総会は年1回開催し、必要な場合は臨時に開催することができる。総会の招集は、会長が行う。
2.総会に議長をおき、次の事項を議決する。
(1)事業報告及び決算報告
(2)事業計画及び予算案
(3)会則の変更
(4)役員の承認
(5)その他、本会が必要と認めた事項
第11条(表決) 総会及び実行委員会の決議は、会員の過半数の同意をもって決し、可否同数の時は、議長又は会長の決するところによる。
第12条(会計年度) 本会の経費は、年会費・寄付金・その他の収入による。本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。
第13条(会費) 会員は、次の会費を納める
1.正会員 年額 1500円(会費未納の場合は退会とする)
2.特別会員 無料
3.学生会員 無料
第14条(発効日) 本会は、1993年10月11日より発効する。
なお、今期に限り、1995年3月31日までを1年度とする。
・附記 この会則は、2008年度より一部改正し、施工する。
・附記 この会則は、2010年4月1日より一部改正し、施工する。
・附記 この会則は、2012年4月1日より一部改正し、施工する。
・附記 この会則は、2015年4月1日より一部改正し、施工する。

■内規

慶弔規定 1.慶弔 日本女子大学・附属学園の慶弔に関し、必要時に祝意・弔意を表す。
2.大災害 被災学生のために募金等が生じた場合は、学生救済に限り、その状況に合わせて協力する。
ワーキング・グループ この会は、活動のために実行委員(2名)、回生委員(必要人数)によるワーキング・グループをおく。ワーキング・グループは特別な事情がある場合は、増やすことができる。
1.総務係 2.会計係 3.企画係 4. 記録係 5.会報係
6.広報係 7.ホームページ係 8.回生連絡係 9.データベース係
再任任期 役員・委員の再任は、最長3期とする。

 

縦の会奨励賞内規


授 与 者 日本女子大学児童学科縦の会
被授与者 ・日本女子大学家政学部児童学科
・日本女子大学大学院児童学専攻
・日本女子大学通信教育課程児童学科
以上の新卒業生または新修了生の中から2件(個人または団体)
授与時期 卒業時
推薦 児童学科に依頼し、3月上旬までに推薦者を決定
推薦内容 ・児童学の研究に熱心に取り組んだ
・個性的な研究をした
・社会活動やボランティア活動などに活躍した
・強い意志を持って卒業に向け努力した
など、学業成績並びに、今後の活動が期待される方
奨 励 金 1件5万円